キーカードの種類と選び方を理解する

キーカードに関する広範なガイドをご覧ください。 さまざまな種類のキー カードとその独自の機能、利点、潜在的な欠点、および一般的な問題の解決策を明らかにします。

最終更新日:21年2023月XNUMX日 ヴィンセント・チュー

はじめに

現代世界では、従来のキーはより高度なアクセス制御方法に大きく取って代わられており、キーカードはこの変化の最前線に立っています。 これらの便利なツールには、RFID、スマート、NFC、磁気ストライプ カードなどのさまざまな形式があり、それぞれに独自の機能と利点があります。

企業環境のセキュリティを強化するためでも、ホテルでのアクセスを合理化するためでも、カードキーは私たちの日常生活に不可欠な部分になっています。 このガイドは、キー カード、その種類、仕組み、利点、解決策、よくある質問を包括的に理解することを目的としています。

キーカードとは何ですか?

キーカードとは何ですか

キーカードは、クレジット カードや運転免許証と同じ寸法を持つ、平らで通常は長方形のプラスチック カードです。キーカードには物理的署名またはデジタル署名が保存されており、ロックを解除する前にドア機構がそれを受け入れます。

キーカードは、ホテルでは部屋の鍵として、企業では従業員の ID バッジとして、その他の安全な場所でよく使用されます。 誰がどのドアにアクセスできるのか、いつそのアクセスが許可されるのかを制御するなど、従来の機械式キーに比べていくつかの利点があります。

同じカードがこれらのテクノロジーのいくつかを組み合わせている場合があることに注意してください。 たとえば、最新の企業 ID バッジには、建物へのアクセス用の RFID チップ、自動販売機での購入用の磁気ストライプ、および時間管理用のバーコードが含まれている場合があります。

キーカードはいつ発明されましたか?

キーカードが発明されたのはいつですか

キーカードは 20 世紀半ばからさまざまな形で登場してきましたが、さまざまなキーカード技術の開発には数十年かかりました。

  1. 磁気ストライプカード: 最初の磁気ストライプ カードは 1960 年代に開発されました。 IBM エンジニアのフォレスト・パリーは、1960 年に磁気ストライプ カードを発明したとよく言われています。
  2. ウィーガンドカード: ウィーガンド カードは、ジョン R. ウィーガンドが 1970 年代に発見したウィーガンド効果に基づいて 1950 年代に開発されました。
  3. RFIDキーカード: RFID テクノロジーの起源は第二次世界大戦にまで遡りますが、キーカードの RFID が一般的になったのは 1990 年代後半から 2000 年代前半まででした。
  4. スマートキーカード: 集積回路を組み込んだスマート カードは 1970 年代に初めて導入されました。 フランスはスマート カードの使用の先駆者であるとよく考えられており、最初の試験は 1981 年に行われました。
  5. NFCキーカード: NFC は、RFID から進化した最近のテクノロジーです。 NFC は 2003 年に ISO/IEC 標準として承認され、その後すぐに NFC キー カードが登場し始めました。
  6. ハイブリッドカード: ハイブリッド カードは、接触取引と非接触取引に使用できる 2000 つ以上のテクノロジーを組み合わせたもので、互換性と機能を最大化するためにさまざまなカード テクノロジーを組み合わせ始めたため、少なくとも XNUMX 年代初頭から存在しています。

これらの日付は各テクノロジーの最初の開発または導入を示していますが、広く採用されて一般的になるまでに数年かかることもよくありました。

キーカードはどのように機能しますか?

キーカードはどのように機能しますか

キーカードには、カードリーダーが読み取る暗号化されたデータが含まれています。 カードの種類に応じて、このデータは磁気ストライプ、マイクロチップ、または埋め込み RFID タグに保存される場合があります。

キーカードがカード リーダーに提示されると、リーダーはデータを読み取り、保存されている情報と比較します。 データが一致するとドアが解錠されます。 この仕組みの詳細は、キーカードのタイプによって異なります。

これらすべての場合において、カード リーダーは、カードから読み取られたデータがアクセスを許可するかどうかを決定するアクセス制御システムに接続されています。

これは、特定のデータを持つカードへのアクセスのみを許可する単純なシステムである場合もあれば、データベースをチェックして時刻や場所などに基づいてアクセスを決定するより複雑なシステムである場合もあります。このシステムは、各カードがいつどこで使用されたかを記録することもできます。監査証跡を提供します。

キーカードにはどのような種類がありますか?

一般的に、今日言及されるキーカードは基本的に次のとおりです。 電子キーカード.

電子キー カードは、電子データを使用して安全なエリアへのアクセスを提供するキー カードの一種です。 これらのカードには、電子メモリと、場合によっては集積回路 (IC) が組み込まれた超小型回路 (通常はマイクロチップ) が組み込まれています。 アクセスを許可するために、接触または非接触の方法でリーダーと対話します。

ここがメインです 電子キーカードの種類:

  • RFIDキーカード
  • スマートキーカード
  • NFCキーカード
  • RFID 対スマート vs. NFCキーカード
  • 磁気ストライプカード
  • 光カード
  • ウィーガンドカード
  • ハイブリッドカード
  • デュアルインターフェースカード

RFIDキーカード

RFID (無線周波数識別カード) は、内蔵の無線送信機と受信機を使用します。 カードをリーダーに近づけると、 RFIDホテルドアロック、リーダーはカードに無線信号を送信し、カードは保存されているデータで応答します。 この技術により非接触での使用が可能になり、より便利になり、磨耗が軽減されます。

RFIDキーカード

RFIDキーカード技術

Radio Frequency Identification (RFID) キー カード テクノロジは、電波を使用して物体を識別し、追跡します。 このシステムには、RFID タグ、リーダー、アンテナが装備されています。 RFID カードには、RFID リーダーにデータを送信するために使用される集積回路とアンテナが含まれています。

次に、リーダーは電波をより使いやすい形式のデータに変換します。 タグから収集された情報は、通信インターフェイスを介してホスト コンピュータ システムに転送されます。ホスト コンピュータ システムでは、データをデータベースに保存し、後で分析することができます。

アプリケーション

RFID キー カードには、次のような幅広い用途があります。

  • アクセス制御: 安全なアクセス制御のために建物、オフィス、ゲート付きコミュニティで使用されます。 正しい RFID カードを持っている人だけが特定のエリアにアクセスできます。
  • ホテル: RFIDカードをルームキーとして利用 ホスピタリティ業界で。
  • 公共交通機関: RFID カードは、自動料金徴収のために公共交通機関で使用されます。
  • 識別: 職場によっては、RFID カードが ID カードとして機能します。
  • 支払いシステム: 非接触型および電子料金収受システムで使用されます。

エンコーディング

RFID キー カードをエンコードするには、RFID ライターまたはエンコーダーと、エンコードするデータが必要です。 このプロセスには、RFID ライターを使用して、電波を介してカードに埋め込まれたチップにデータを送信することが含まれます。 データはチップに保存され、RFID リーダーで読み取ることができます。

データが正しくエンコードされていることを確認するには、書き込み後にデータを検証することが重要です。 特定のエンコードプロセスと機器は、RFID カードの周波数とプロトコルによって異なる場合があります。 一部のカードは読み取り専用ですが、他のカードは新しいデータで書き換えることができます。

RFID キーカードの利点:

  • 非接触: RFID キーカードは非接触で、離れた場所からでも読み取ることができるため、便利です。
  • 耐久性: リーダーと物理的に接触する必要がないため、磁気ストライプ カードよりも耐久性があります。
  • 高いデータ容量: RFID カードは、他の同様のテクノロジーと比較して大量のデータを保存できます。
  • 高速: RFID カードは高速に読み取ることができるため、公共交通機関など、速度が重要な用途に適しています。

制限事項

  • コスト: RFID カードとリーダーは、バーコードや磁気ストライプなどの他のテクノロジーよりも高価になる場合があります。
  • プライバシーの懸念: RFID カードは離れた場所からでも読み取ることができるため、不正に読み取られるリスクがあり、プライバシーの懸念につながります。
  • 干渉: RFID は他の無線周波数デバイスからの干渉を受ける可能性があり、読み取り値が不正確になることがあります。
  • 範囲の制限: RFID カードは接触を必要としませんが、読み取り可能な範囲は依然として制限されています。 これは、電源を持たず、代わりにリーダーの信号から電力を得るパッシブ RFID カードの場合に特に当てはまります。
  • 互換性: RFID テクノロジーには普遍的な標準が不足しているため、異なるシステムには互換性がない可能性があります。

近接キーカード

近接カード

これらは無線周波数識別 (RFID) テクノロジーを使用して、物理的接触なしでリーダーと通信します。 物理的な接触による磨耗がないため、磁気ストライプ カードよりも耐久性が高くなります。 財布やバッグに入れたまま使用することもできます。

近接カード 通常は 125 kHz LF 帯域で動作します。 これらは、限られた情報を保存できる読み取り専用の非接触カードまたはバッジです。

一般的な近接カードは、最大 15 インチ (<50 cm) まで読み取ることができます。 リーダーに挿入する必要がないことを除けば、その利点、制限、および動作方法は RFID カードと同じです。

スマートキーカード

これらにはマイクロチップが含まれており、他のタイプのカードよりもはるかに多くのデータを保存できます。 暗号化を使用して追加のセキュリティを提供することもできます。 接触型と非接触型のXNUMX種類があります。 接触型スマート カードはリーダーに挿入する必要がありますが、非接触型スマート カードは近接型カードと同様に、リーダーとワイヤレスで通信できます。

スマートキーカード

スマートキーカード技術

スマート キー カードは、マイクロプロセッサが組み込まれた RFID カードの一種です。 大量のデータを保存および処理し、カード上の機能 (暗号化や相互認証など) を実行し、スマート カード リーダーとインテリジェントに対話できます。

セキュリティ

スマート キー カードは、従来の磁気ストライプ カードよりも安全です。 暗号化と安全な通信プロトコルを使用して、保存されているデータを保護できます。 さらに、相互認証を使用します。つまり、データが交換される前にカードとリーダーが相互に認証します。 これにより、複製や偽造が非常に困難になります。

アプリケーション

スマート キー カードは、次のようなさまざまな用途に使用されます。

  • アクセス制御: RFID カードと同様に、安全なアクセス制御のために建物やオフィスで使用されます。
  • ホテルのキー: 多数 ホテルではルームキーとしてスマートキーカードを使用しています.
  • 公共交通機関: 公共交通機関では、自動料金徴収のために非接触型スマート キー カードが使用されています。
  • 支払いシステム: 非接触型支払いシステムで使用されます。
  • 識別: 職場によっては、スマート キー カードが ID カードとして機能します。

エンコーディング

スマート キーカードのエンコーディング カード上の組み込みマイクロプロセッサと通信できる特殊な機器が必要です。エンコード プロセスには、カードへのデータの書き込みと、暗号化キーや認証プロトコルなどの必要なセキュリティ機能のセットアップが含まれます。

スマートキーカードの利点:

  • 高いセキュリティ: 暗号化、相互認証、安全な通信プロトコルにより、スマート キー カードは非常に安全になります。
  • 大容量データ:スマートキーカードは大量のデータを保存できます。
  • 多用途性: 複数の用途に使用できます。 たとえば、XNUMX 枚のスマート キー カードを建物のアクセス制御、支払い、識別に使用できます。

デメリット

  • コスト: スマート キー カードと必要な暗号化装置は、他のキー カードよりも高価になる場合があります。
  • 互換性: RFID と同様に、スマート カード テクノロジには普遍的な標準が不足しているため、異なるシステムには互換性がない可能性があります。
  • リーダーの要件: スマート キー カードには、内蔵マイクロプロセッサと通信できるリーダーが必要ですが、そのようなリーダーが利用できない環境では使用が制限される場合があります。
  • プライバシーに関する懸念: スマート キー カードは安全性が高くなりますが、依然として不正な読み取りや追跡の対象となる可能性があり、潜在的なプライバシー上の懸念につながります。

NFCキーカード

NFC (近距離無線通信) は、非常に短い距離 (通常はわずか数センチメートル) で動作する RFID の一種です。 NFC はモバイル決済だけでなくキーカードにもよく使用されます。

NFCキーカード

NFCキーカードテクノロジー

近距離無線通信 (NFC) は、電子デバイス間のシンプルかつ安全な双方向通信を可能にする短距離無線接続テクノロジです。 NFC キー カードは、NFC テクノロジーを使用して、リーダーに近づけると (通常は数センチメートル)、データを交換します。 NFC は 13.56 MHz で動作し、最大 424 Kbits/秒でデータを転送します。

アプリケーション

NFC キー カードには、次のような幅広い用途があります。

  • アクセス制御: 安全なアクセス制御のために建物、オフィス、ゲート付きコミュニティで使用されます。
  • ホテル: NFC カードは、ホスピタリティ業界で部屋のキーとして使用されます。
  • 公共交通機関: NFC カードは、自動料金徴収のために公共交通機関で使用されます。
  • モバイル決済: Google Pay や Apple Pay などのモバイル決済アプリケーションに使用できます。
  • 情報共有: NFC キー カードを使用すると、NFC 対応デバイスにタップしたときに連絡先の詳細や Web リンクなどの情報を共有できます。

エンコーディング

NFC キー カードは、カードにデータを書き込む NFC エンコーダを使用してエンコードできます。 データはカード内に埋め込まれた NFC チップに保存されます。 エンコードプロセスには、使用目的に応じて、一意の識別子またはその他の情報をカードに書き込むことが含まれます。

NFC キー カードの利点:

  • 利便性: NFC キー カードは使いやすく、NFC 対応デバイスにタッチする必要があります。
  • 汎用性: NFC カードは、アクセス制御からモバイル決済まで、さまざまなアプリケーションに使用できます。
  • スマートフォンとの通信: 他のタイプの RFID とは異なり、NFC はスマートフォンでも使用されます。つまり、NFC カードはほとんどの最新のスマートフォンと直接通信できます。

制限事項

  • 短距離: NFC は非常に短く、通常は数センチメートルです。 これは、一部のアプリケーションでは制限となる場合があります。
  • 電力消費: パッシブ NFC キー カードは電力を消費しませんが、スマートフォンや決済端末などのアクティブ NFC デバイスは、NFC の使用時に大量の電力を消費する可能性があります。
  • 互換性: NFC は、古いカード リーダーや他のタイプの RFID を使用するデバイスと互換性がない場合があります。
  • セキュリティ: NFC には暗号化と安全な通信のための規定が含まれていますが、NFC の通信距離が短いため、攻撃者が通信を盗聴したり、不正なトランザクションを実行したりするために悪用される可能性があります。 ただし、近接性が必要なため、他のワイヤレス技術よりもリスクは低くなります。
  • コスト: NFC キー カードは減少しましたが、特に大規模な導入の場合、他のキー カードよりも高価になる可能性があります。

RFID キーカード vs. スマートキーカード vs. NFCキーカード

RFID、スマート、NFC の XNUMX 種類のカードはすべて、非接触データ通信に無線周波数技術を使用しています。 ただし、機能、セキュリティ機能、アプリケーションの点で異なります。 比較表は次のとおりです。

特徴RFIDキーカードスマートキーカードNFCキーカード
基礎技術データの送信には電波を使用します。 それらは、アクティブ (電源による) またはパッシブ (リーダーの信号による電力供給) のいずれかになります。マイクロプロセッサが組み込まれた RFID カードの一種。 カード上の機能を実行し、リーダーとインテリジェントに対話できます。RFID テクノロジーの一種。短距離 (通常は数センチメートル) 内でのデバイス間の双方向通信を可能にします。
セキュリティ基本的な RFID カードが提供するセキュリティ機能は限られています。 ただし、セキュリティを強化するために暗号化を追加できます。暗号化、安全な通信プロトコル、相互認証を通じて、より高いセキュリティを提供します。NFC には暗号化と安全な通信のための規定が含まれていますが、通信距離が短いため、攻撃者が盗聴や不正なトランザクションに悪用する可能性があります。
データ容量RFID カードの種類によって異なりますが、一般にスマート カードよりも小さいです。マイクロプロセッサーが内蔵されているため、高いデータ容量を実現します。NFC の通信距離と通信速度が短いため、データ容量は通常スマート カードよりも低くなります。
アプリケーションアクセス制御、IDカード、料金収受などに幅広く使用されています。これらは、アクセス制御、支払いシステム、ID カードなどに使用されます。これらは、アクセス制御、モバイル決済、情報共有などに使用されます。
費用一般に、スマート カードや NFC カードよりも安価です。マイクロプロセッサが組み込まれているため、基本的な RFID カードよりも高価です。コストは減少していますが、特に大規模な導入の場合は、依然として基本的な RFID カードよりも高くなる可能性があります。
他のデバイスとの互換性RFIDリーダーが必要です。マイクロプロセッサと通信できる特殊なリーダーが必要です。ほとんどの最新のスマートフォンや専用のリーダーと直接対話できます。
レンジRFID カードの種類に応じて、数センチメートルから数メートル離れた場所でも読み取ることができます。RFID カードと同様に、通信範囲はスマート カードの種類によって異なりますが、安全な通信を確保するには一般的に短くなります。非常に短い範囲 (通常は数センチメートル) では、デバイスを意図的に近づけた場合にのみ通信が確立されます。
速度RFID カードからのデータの読み取り速度は一般的に速いため、速度が重要な用途に適しています。カード上で処理が行われるため、通信速度は一般にベーシックRFIDより遅くなります。データ転送速度は最大424Kビット/秒です。
干渉他の無線周波数デバイスからの干渉を受ける可能性があります。RFID カードと同様に、スマート カードも干渉を受ける可能性があります。通信距離が非常に短いため、干渉を受けにくくなります。
耐久性リーダーと物理的に接触する必要がないため、磁気ストライプ カードよりも耐久性があります。RFID カードと同様に、スマート カードは磁気ストライプ カードよりも耐久性があります。他の RFID カードと同様、NFC カードは耐久性があり、リーダーとの物理的な接触を必要としません。
プライバシーに関する懸念遠くからでも読み取られる可能性があり、プライバシー上の懸念が生じます。より多くのセキュリティ機能を提供しますが、不正な読み取りや追跡が依然として懸念される可能性があります。NFC の短距離はある程度のプライバシー保護を提供しますが、攻撃者が十分に近づくと不正な読み取りが発生する可能性があります。

各テクノロジーには長所と短所があることに注意してください。 最適な選択はアプリケーションの要件によって異なります。

たとえば、低コストで高速な料金収受システムには基本的な RFID が最適な選択肢となる一方、高度なセキュリティが必要なアクセス制御システムにはスマート カードが好まれる可能性があります。 一方、NFC は、顧客のスマートフォンと連携する必要がある非接触型決済システムには理想的である可能性があります。

磁気ストライプキーカード

磁気ストライプカード

磁気ストライプ カードはクレジット カードと同じサイズで、クレジット カードと同様に磁気ストライプにデータを保存することで機能します。 比較的安価に製造でき、必要に応じて再プログラムすることができます。 ただし、時間の経過とともに磨耗したり、磁石によって損傷したりする可能性があります。

磁気ストライプカードテクノロジー

磁気ストライプ カードは、スワイプ カードまたは磁気ストライプ カードとも呼ばれ、カードのストライプに磁気材料のバンドが埋め込まれています。 このストライプは、ストライプ内の小さな鉄ベースの粒子の磁性を変更することでデータを保存します。 磁気ストライプは物理的接触によって読み取られ、磁気読み取りヘッドを通してスワイプされます。

アプリケーション

磁気ストライプ カードは、次のようなさまざまな用途で広く使用されています。

  • 金融サービス: クレジット カードとデビット カードは、磁気ストライプを使用してアカウント情報を保存します。
  • 識別: ID カード、運転免許証、会員カードには磁気ストライプが使用されることがよくあります。
  • アクセス制御: 建物やオフィスのアクセス制御に使用されます。
  • ホテルのキー: 多くのホテルでは、部屋のキーとして磁気ストライプ カードを使用しています。

エンコーディング

磁気ストライプ エンコーダを使用して磁気ストライプ カードをエンコードし、ストライプにデータを書き込むのが最善です。 エンコーダは電磁場を使用してストライプ内の粒子の磁性を変化させ、データをカードに効果的に書き込みます。

磁気ストライプキーカードの利点:

  • 低コスト: 磁気ストライプ カードは、通常、RFID、スマート、または NFC カードよりも製造コストが安くなります。
  • 広く受け入れられている: 特に金融サービスにおいて、世界中で広く受け入れられ、使用されています。
  • シンプルなテクノロジー: このテクノロジーは理解しやすいため、実装が簡単です。

デメリット

  • 磨耗: 使用により磁気ストライプが消磁したり、傷がついたりして、カードが故障する可能性があります。
  • セキュリティが低い: 磁気ストライプ カードは比較的簡単に複製でき、データは簡単に読み取られ、コピーされるため、セキュリティ上の問題が発生する可能性があります。
  • 接触が必要: RFID、スマート、または NFC カードとは異なり、磁気ストライプ カードはリーダーに通す必要があり、物理的な接触が必要です。
  • データ容量が限られている: 磁気ストライプに保存できるデータは、RFID、スマート、または NFC カードよりも少なくなります。

光学式キーカード

光カードは反射率の変化を利用してデータを保存します。 大量のデータを保存でき、改ざんに対する耐性が高いですが、特別なリーダーが必要で、製造コストも高くなります。

光カード

光カード技術

光カードは、光技術を使用してデータの記録と読み取りを行うデータ記憶媒体です。 カードの表面は、データを保存するためにレーザーによって変更できる光学材料の層で覆われています。 次に、低強度のレーザーをカードから反射し、反射の違いを検出することによってデータが読み取られます。

磁気ストライプ カードや RFID カードとは異なり、光カードは CD や DVD と同様に目に見える高密度形式でデータを保存します。 データの保存形式は、一度書き込んで何度でも読み取れるWORM(Write Once Read Many)形式と、何度でも書き換え可能な消去形式のXNUMX種類があります。

アプリケーション

光カードには次のようないくつかの用途があります。

  • 医療記録: 光カードは記憶容量が大きいため、詳細な医療記録の保存に適しています。
  • 金融サービス: 光カードは銀行カードやクレジット カードに使用でき、大容量を取引記録に使用できます。
  • 識別: ID カードと運転免許証では、セキュリティとデータ容量を強化するために光学テクノロジーを使用できます。
  • ドキュメントストレージ: 高いストレージ容量は、大きなドキュメントや画像の保存に使用できます。

エンコーディング

光カードをエンコードするには、カード上の光学素材を変更するために適切な強度のレーザーを放射できる特別なデバイスが必要です。 同様のデバイスが、低強度のレーザーと反射を検出するセンサーを使用してカードを読み取ります。

光学式キーカードの利点:

  • 高いストレージ容量: 光カードは、磁気ストライプ カードや RFID カードよりもはるかに大量のデータを保存できます。
  • 耐久性: 光カードは磁気、ほこり、水に対する耐性があり、他のカードよりも耐久性があります。
  • セキュリティ: 光カード上のデータは、適切な機器がなければ変更または消去が難しく、ある程度のセキュリティが提供されます。

デメリット

  • コスト: 光カードとそれを読み書きするための機器の製造コストは、他のカードよりも高くなる可能性があります。
  • 互換性: 光カードは読み取りと書き込みに特別な機器を必要とするため、磁気ストライプまたは RFID カード用に設計されたシステムと互換性がない可能性があります。
  • 速度: 光カードへのデータの読み取りおよび書き込みは、高密度ストレージ形式のため、他のカードよりも遅くなる場合があります。

ウィーガンドのキーカード

これらの古いカードは、埋め込みワイヤを使用してデータを保存します。 ウィーガンド キー カードには、カード内に埋め込まれた一連のワイヤーが含まれており、それぞれがビット データを表します。 カードがリーダーに通されると、ワイヤーが磁場を通過し、データとして読み取られるパルスが生成されます。

ウィーガンドカード

耐久性が高く、改ざんに対して耐性がありますが、製造コストが高く、スマート カードほど多くのデータを保存できません。 Wiegand テクノロジーは現在ではほとんど時代遅れになっており、新しいテクノロジーに置き換えられています。

Wiegand効果

ウィーガンド効果は、発見者のジョン R. ウィーガンドにちなんで名付けられた非線形磁気効果です。 これは、特別に処理された (「ウィーガンド ワイヤー」と呼ばれるプロセスを通じて) ビカロイとして知られる強磁性合金の使用に基づいています。

この合金には、特定の強さの磁場にさらされると磁気極性が急激に変化するという珍しい特性があります。 極性が変わるとパルスが生成され、コイルでそれを拾うことができます。 このパルスがウィーガンド データ通信の基礎となります。

アプリケーション

ウィーガンド キー カードは、主に次のようなアクセス制御システムで使用されています。

  1. 建物へのアクセス: 建物や安全なエリアへの立ち入りを制御できます。
  2. ゲートへのアクセス: ゲート付きコミュニティ、駐車場、または安全な場所に入ることができます。
  3. 産業セキュリティ: 産業環境内の特定のエリアや機器を制御できます。

エンコーディング

ウィーガンド キー カードのエンコードには、目的のデータを表すようにカード内のウィーガンド ワイヤを設定することが含まれます。 これは通常、バイナリ コードであり、各ワイヤは XNUMX ビットのデータを表します。 エンコードプロセスは通常、製造時に行われ、一度設定すると変更することはできません。

ウィーガンド キー カードの利点:

  1. 耐久性: Wiegand カードは物理的に堅牢で、磨耗に強いです。 ウィーガンド効果は、カード上の汚れ、油、または小さな傷の影響を受けません。
  2. 長距離読み取り範囲: ウィーガンド効果は、磁気ストライプ カードや、多くの場合 RFID カードよりも長距離から読み取ることができます。
  3. セキュリティ: Wiegand カード上のデータは複製や変更が難しく、高レベルのセキュリティが提供されます。

デメリット

  1. コスト: ウィーガンド カードは、テクノロジーと製造プロセスが複雑なため、他のカードよりも高価になる可能性があります。
  2. データ容量の制限: カード内の各 Wiegand ワイヤは XNUMX ビットのデータを表すため、カードに保存できるデータ量はカードの物理サイズによって制限されます。
  3. 柔軟性のなさ: Wiegand カードがエンコードされると、データを変更できません。
  4. 互換性: Wiegand カードには特定のタイプのリーダーが必要です。つまり、他のカード用に設計されたシステムと互換性がない可能性があります。

ハイブリッドキーカード

ハイブリッド キー カードは、XNUMX つ以上の異なるテクノロジーを組み合わせた XNUMX 枚のカードです。 これらのカードは、さまざまなシステムとの互換性を最大限に高め、拡張機能を提供するように設計されています。 たとえば、ハイブリッド キー カードには、RFID チップとスマート カード チップが含まれている場合や、NFC テクノロジーと磁気ストライプが組み合わせられている場合があります。

ハイブリッドカード

ハイブリッド キー カードに関する重要なポイントは次のとおりです。

  • 検出技術: ハイブリッド カードには、RFID、スマート カード、NFC、磁気ストライプなどのさまざまなテクノロジーを組み込むことができます。これらは、各テクノロジーが他のテクノロジーとは独立して動作するように設計されており、複数のシステムで使用できることを意味します。
  • アプリケーション: ハイブリッド カードの主な利点は、複数の目的に使用できることです。 たとえば、従業員は、ハイブリッド カードの RFID コンポーネントを使用してアクセス制御を構築し、スマート カード コンポーネントを使用して会社のコンピュータに安全にログインし、NFC コンポーネントを使用して社内カフェテリアでの非接触型支払いを行うことができます。
  • セキュリティ: ハイブリッド カードは、組み込まれた各テクノロジーのセキュリティ機能を活用できるため、セキュリティを強化できます。 たとえば、ハイブリッド カードは、特定のアプリケーションに対してスマート カード チップの強力な暗号化機能を使用し、機密性の低いアプリケーションに対しては NFC の利便性を提供します。
  • 費用: ハイブリッド カードの潜在的な欠点の XNUMX つはコストです。 複数のテクノロジーが組み込まれているため、単一テクノロジーのカードよりも製造コストが高くなる可能性があります。 ただし、このコストは、XNUMX 枚のカードを複数の目的に使用する利便性と柔軟性によって相殺される可能性があります。
  • 互換性: ハイブリッド カードには、幅広い互換性があるという利点があります。 複数のシステムで動作できるため、異なるシステムが存在する環境や、古いテクノロジー (磁気ストライプなど) から新しいテクノロジー (スマート カードや NFC など) に移行する場合に適しています。

要約すると、ハイブリッド キー カードは、さまざまなアクセス制御、支払い、識別アプリケーションのニーズを満たすことができる多用途のソリューションを提供します。 ただし、単一テクノロジーのカードよりもコストがかかり、管理が複雑になる可能性があります。

エントリーシステムに適したキーカードを選択するにはどうすればよいですか?

エントリーシステムに適したキーカードの選び方

エントリー システムに適切なキー カードの選択は、ニーズや制約などのさまざまな要因によって決まります。 決定に役立ついくつかの考慮事項を以下に示します。

  1. セキュリティ要件: 必要なセキュリティのレベルは、選択するキー カード システムの種類に大きく影響します。 暗号化機能を備えたスマート カードまたはデュアル インターフェイス カードは、高セキュリティ アプリケーションに最適な選択肢となる可能性があります。 セキュリティへの関心が低い場合は、磁気ストライプ カードや RFID カードなど、よりシンプルでコスト効率の高いオプションで十分な場合があります。
  2. システムの互換性: 選択するキー カード テクノロジは、既存のシステム (ある場合) またはインストールする予定のシステムと互換性がある必要があります。 一部のシステムは、特定の種類のカードでのみ動作します。
  3. 使用環境: カードを使用する環境を考慮してください。 たとえば、カードが屋外や過酷な環境で使用される場合は、Wiegand カードのような特に耐久性のあるカードが必要になる場合があります。
  4. 予算: コストは常に考慮すべき事項です。 より高度なカード技術は、カードとリーダーの両方にとって高価になります。 特定の機能の必要性とそのコストのバランスを取る必要があります。
  5. ユーザーの利便性: ユーザーにとってのカード技術の利便性を考慮してください。 RFID や NFC などの非接触テクノロジーは、正確なスワイプや挿入を必要としないため、最もユーザーフレンドリーです。 ただし、ユーザーが他のアプリケーション (支払いや識別など) にカードを使用する場合は、デュアル インターフェイスまたはハイブリッド カードの方が便利な場合があります。
  6. 将来を保証する: このテクノロジーが今後もサポートされ、広く使用される可能性があるかどうかを検討してください。 システムを何年も使い続けたい場合は、より最新のテクノロジー (スマート カードや NFC など) に投資することが賢明です。
  7. カード容量: カードに大量のデータを保存する必要がある場合 (たとえば、多要素認証やユーザー データの保存など)、スマート カードや光カードなどの大容量のカード テクノロジが必要になります。

これらの要素を考慮して、エントリー システムに最適なキー カード テクノロジーを選択できます。 アクセス制御システムについて知識のある専門家に相談し、状況に応じたアドバイスを得るのも役立ちます。

カードキーかカードキーか?

「キーカード」と「カードキー」は同じものを指します。つまり、鍵を開けるカード型の装置です。 ホテル向け電子ドアロックシステム。 ただし、「キーカード」という用語は、特にホテルの部屋や建物内の安全なアクセスエリアの文脈で使用されることがはるかに一般的です。

「カードキー」は間違いではありませんが、標準的ではないため、理解しにくいかもしれません。 「カード キー」という用語が確立されている特定の文脈を扱っている場合を除き、通常は「キー カード」を使用する方が安全です。

要約

これまで説明してきたように、キー カードはアクセス制御テクノロジーの大幅な進歩を表しています。 RFID、スマート、NFC、磁気ストライプ カードなどのさまざまなタイプが、特定のニーズに合わせたさまざまなオプションを提供します。

セキュリティの向上や使いやすさなど多くの利点がありますが、コスト、技術的問題、耐久性などの潜在的な欠点を考慮することも重要です。 これらの側面を理解することは、ニーズに合った適切なキー カード システムについて情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。

アクセス制御システムの主な目的は、許可された個人にアクセスを容易にしながらセキュリティを確保することであることを常に忘れないでください。 このバランスを達成するためにキーカードは重要な役割を果たします。

キーカードに関するよくある質問

はい、多くのキー カードは再プログラムできるため、アクセスを変更する必要がある場合やカードを紛失または盗難された場合に役立ちます。

キーカードを紛失した場合は、直ちに適切な機関 (雇用主や建物管理者など) に報告してください。 紛失したカードを無効化し、新しいカードを発行してもらえます。

はい、磁気ストライプ カードなどの一部の種類のキー カードは、強力な磁石によって破損する可能性があります。 また、引っ掻いたり曲げたりすることによって物理的に損傷する可能性もあります。 キーカードを正しく機能させるには、磁石から遠ざけ、慎重に取り扱う必要があります。

キー カードは、勤怠管理、支払いシステム、身分証明書などの他のアプリケーションにも使用できます。

キーカードは高レベルのセキュリティを提供しますが、他のセキュリティ対策と同様に不完全です。 セキュリティのレベルは、カードの種類、リーダーの品質、システムの管理方法などの要因によって異なります。

キーカードが濡れても損傷しないかどうかは、カードの種類によって異なります。 近接カードや特定のスマート カードなどの一部のカードは耐水性があります。 ただし、磁気ストライプ カードなどは水によって損傷する可能性があります。 カードが濡れた場合は、すぐに乾燥させ、傷を付けたり熱にさらさないようにしてください。

はい、適切なテクノロジーと設定があれば、スマートフォンをキーカードとして使用することが可能です。 これには、多くの最新のスマートフォンに組み込まれている NFC (近距離無線通信) テクノロジーの使用が含まれることがよくあります。

著者

  • キーカードの種類と選び方4を理解する

    Vincent Zhu は 10 年のスマート ロック システムの経験を持ち、設計、構成、設置、およびトラブルシューティングに至るまで、ホテル ドア ロック システムおよびホーム ドア ロック システム ソリューションの提供を専門としています。 ホテルに RFID キーレス ドア ロックを設置する場合でも、自宅のドアにキーレス キーパッド ドア ロックを設置する場合でも、スマート ドア ロックに関するその他の質問やトラブルシューティングのリクエストがある場合でも、いつでもお気軽にお問い合わせください。

その他のおすすめ記事